gropes and destroys ... DJEBEL200 maintenance album
【使用した工具】

【使用した工具】

この調整は冷間時に行います。

1番のプラスドライバー(サイドカバー外し用)
シックネスゲージ、マイナスのラチェットドライバー
ラチェット、14番のソケットコマ、10番のヘキサゴンレンチ
10-12と17-19のメガネレンチ、ライト
【T・D・Cインスペクションキャップ】

【T・D・Cインスペクションキャップ】

T・D・Cインスペクションキャップを外します。
【マグネトキャップ】

【マグネトキャップ】

マグネトキャップを外します。
【バルブインスペクションプラグ】

【バルブインスペクションプラグ】

邪魔になるホーンやプラグケーブル、アース線などを外し、赤丸で囲ったバルブインスペクションプラグを外します。
【圧縮上死点】

【圧縮上死点】

矢印の方向にクランクを回し、のぞき窓の矢印とジェネレータロータのT刻線を合わせます。
その時タペットを指で動かしてみて、カチカチ動くようなら圧縮上死点です。動かない場合は外れなので、クランクを回してやり直してください。
【タペットクリアランス】

【タペットクリアランス】

タペットスクリュロックナットを緩め、タペットスクリュを回して隙間を調整します。指定では0.08~0.13mmなので、0.09mmあたりを狙います。
まず0.10のシックネスゲージが入らないようにスクリュを締め、0.08のゲージが入ることを確認します。スクリュが動かないようにマイナスドライバーをあてたままロックナットを締めます。
しっかり締めないと走行中にロックナットが外れ、エンジントラブルが起きますのできちんと締めます。
その後もう一度0.10が入らず、0.08が入ることを確認します。もしそうでない場合はやり直しです。 これを吸気側、排気側両方で行います。