gropes and destroys ... DJEBEL200 maintenance album
【使用した工具類】

【使用した工具類】

コンクリートブロック2個、車載ジャッキ、オイル受け、ボロ布、キッチンペーパー
500ml計量カップ、油面調整SST、100円の水平器、ハサミ
12-14のメガネレンチ、17-19のメガネレンチ
2番と1番のプラスドライバー、2番のマイナスドライバー、小さいマイナスドライバー
幅広300㎜タイラップ2本、#10フォークオイル1L
トルクレンチ、14番のソケットコマ(この2つは必要ない気がします)
【油面調整SST】

【油面調整SST】

50mlシリンジ、タミヤの3㎜パイプ(玩具屋や模型屋で売ってます)、内径3㎜のチューブ20㎝(ホームセンターで売ってます)。
パイプを20㎝に切り、端から179.5㎜の場所に印を付けて、パイプ+チューブ+シリンジと組み合わせます。
もちろん市販品を買ったほうが楽で精度も高いです。
【アクスルナット】

【アクスルナット】

アクスルナットを緩めておきます。
【ブレーキホースの取り外し】

【ブレーキホースの取り外し】

ブレーキホースを外します。
【キャリパーの取り外し】

【キャリパーの取り外し】

キャリパーを固定しているボルトを外してキャリパーをフォークから外します。
外したキャリパーは台の上に置いて、ブレーキホースに負担がかからないようにしてください。
【フロントを上げる】

【フロントを上げる】

ジャッキをかけてフロントを浮かせます。
【フロントホイールの取り外し】

【フロントホイールの取り外し】

アクスルナットを外してアクスルシャフトを抜き、フロントホイールを外します。
こじってブレーキディスクを歪ませないよう気をつけてください。
【スピードメーターケーブルの取り外し】

【スピードメーターケーブルの取り外し】

フォークからスピードメーターケーブルを外します。
【フォークの取り外し】

【フォークの取り外し】

3か所を緩め、フォークを引き抜きます。
抜いた時に左右の重量バランスが崩れて一気にハンドルが切れるので気をつけてください。
【ブーツの取り外し】

【ブーツの取り外し】

ブーツクランプを外し、タイラップを切ってブーツを取り外します。
【フォークの分解】

【フォークの分解】

ストッパリングの合い口が車体側にくるようにフォークをドライバーの長さに合わせてロアブラケットに固定します。
ドライバーでスプリングシートを押し込んでアッパーブラケットに突っかけ、細いマイナスドライバーでストッパリングを外し、ゆっくりとドライバーを外します。
【古いオイルの排出】

【古いオイルの排出】

フォークを何度かストロークさせながら古いオイルを排出し、逆さにしてしばらく放置して古いオイルを抜きます。
【フォークオイル】

【フォークオイル】

まず180ml程度を測ってフォークに入れます。
何度もストロークさせて内部を新油で洗浄して捨てます。
310ml程度を測ってフォークに入れ、何度もゆっくりとストロークさせて内部の空気を完全に押し出します。
【油面調整】

【油面調整】

一杯に縮めてからコンクリートブロックの穴にフォークを入れ、布で位置決めをしながら前後左右の水平を出します。
水平が決まったらSSTの印を付けた場所とフォークの上端を合わせ、シリンジで余分なオイルを吸い取ります。
【スプリング等を入れる】

【スプリング等を入れる】

スプリング(粗い方が上)とその他を順番通り入れて押し込み、元通り組み付けます。
スプリングの自由長が560.2㎜以下なら使用限度を超えていますので、新品に交換してください。
自力でできれば問題ないですが、難しい場合は外す時と同じく車体に固定し、プラスドライバーで押し込んで固定してストッパリングを付けます。
【ブーツの装着】

【ブーツの装着】

ブーツを付け、タイラップで固定します。
ブーツクランプを仮止めします。
ここまでを2本分くりかえします。
【フロントホイールの装着】

【フロントホイールの装着】

フォークにスピードメーターケーブルを固定し、アクスルシャフトにグリスを塗ってフロントホイールを装着します。
【フロントフォークの固定】

【フロントフォークの固定】

フォークの金属部分が1㎜程度出るようにしてフロントフォークを固定します。
上側が220~350kg・m、下側が180~280kg・mですが、別にトルク管理しなくても良いような気がします。
【キャリパーとブーツの固定】

【キャリパーとブーツの固定】

キャリパーを装着し、ジャッキから下ろしてキャリパーとブーツを本締めして終わりです。