gropes and destroys ... CBR125R maintenance album
いろいろやってみましたが、ロッドの剛性が足りないのと、何よりバックステップ自体に剛性が無いので全て諦めました。
【必要な工具類】

【必要な工具類】

5番・6番の六角レンチ、ラジオペンチ。
【パーツ一式】

【パーツ一式】

ヤフオクで買ったバックステップ一式。
これだけではパーツが足りないので、いろいろと試行錯誤が必要です。
【ヨシムラ】

【ヨシムラ】

とは彫ってありますが、タイ謹製のパチモンらしいです。
このうさんくささが堪らない。
【追加パーツ】

【追加パーツ】

バックステップを車体に固定するためにM8×25mmのキャップボルト4本、M8のワッシャー8枚、2mm×15mmの割りピンが必要です。
【ワッシャーを付ける】

【ワッシャーを付ける】

右側のバックステップをそのまま付けるとシリンダー取り付け用の台座が車体と干渉するので、バネ座金をワッシャーで挟んでスペースを確保します。
【割りピンを付ける】

【割りピンを付ける】

割りピンでペダルとブレーキシリンダーを固定して完成です。
試走してペダルの位置を調整します。
【カバーのカット】

【カバーのカット】

リアブレーキホースのカバーが邪魔で取り回しが自由に出来ないので、5cmくらい切り取ります。
ホースを傷つけないように。
ついでに社外のメッシュホース等に換えてしまえばこんな作業はいりません。
【右側完成】

【右側完成】

完成。
忘れずにエア抜きをしておきます。
【ノーマルとの比較】

【ノーマルとの比較】

バックステップのブレーキペダルは、ちょうどノーマルのステップの位置に来ます。
【使用した工具類1】

【使用した工具類1】

ハンマー、万力、コンクリートブロック。
【使用した工具類2】

【使用した工具類2】

ボール盤と2mmの鉄工用ドリル、切削用オイル、回転砥石。
【シフトロッド】

【シフトロッド】

Φ6mmの軟鉄棒を試行錯誤しながら万力とハンマーで形を整えていきました。
形が決まればボール盤で2mmのピン止め用の穴を開けます。
【左側完成】

【左側完成】

ロッドを装着して割りピンで固定して完成です。
が、剛性が全然足りずにシフトミスが頻発します。
もっと剛性の高い材料を使わないといけませんが、そうなると自作出来そうにありません。